Webマーケティング

競合サイトの調査・リサーチに使うと便利なSEOツール4選

SEOツール4選

2015年現在、便利なことにインターネット上に数多くのツールが存在しますが、これらのツールは企業のみならず個人でもインターネットを使ったビジネスを行っている人達の多くがSEOをはじめとする様々な場面で役立ています。

そこで今回はSEO企画の第3回として、本格的な施策・対策を進める前段階、他の競合サイトのリサーチに便利なSEOツールを4つ、使い方と共にご紹介いたします!

 

1.SEOチェキ

SEOチェキ

まず1つ目の便利ツールは、SEOチェキです。(http://seocheki.net/

SEOチェキはサイト調査・検索順位のチェック、キーワードの検索順位など、SEOに関する様々な情報を手に入れることが出来るツールです。

日本人が作成したツールなので日本語で表示され、シンプルにわかりやすいサイトになっております。また、情報を取得するスピードも速いため非常に使いやすいツールです。

 

SEOチェキの簡単な使い方

SEOチェキは6つの便利な機能があるのですが、今回おすすめするものは”サイトSEOチェック”と”検索順位チェック”の2つです。

サイトSEOチェックはホームページのURLを入力するだけで、SEO対策の状況を簡単に知ることが出来ます。競合のURLを入力することで相手の情報も知ることが出来るので、どのようなキーワードを対策しているのか知ることも出来ます。

検索順位チェックはホームページのURLとキーワードを入力することで、各キーワードの検索順位を知ることが出来ます。使っているキーワードや、順位を上げたいキーワードの検索順位を調べて、今後のキーワード戦略を考えることに役立てましょう。

簡単な使い方を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみて下さい。

参考記事

 

競合サイトが狙っているキーワード調査やキャンペーン分析に

URLベースでサイト構成を見てくれるSEOチェキは、競合調査にも役立てることが可能です。

「title」や「description」、「keywords」などのmeta情報を把握することで、競合サイトがどんなキーワードで上位表示を狙っているのかを伺うことが出来ます。そしてこちらのツールでよく弊社が利用しているのは、「ドメイン年数」の把握。

サイトの強さの指標の一つという点はもちろん、Webアーカイブと併用することで、立ち上げ時のサイト状況やその後のコンテンツの変化調査などにも応用することが出来ます。

SEOチェキは単体での使用・運用ではかゆいところに手が届かない点もありますが、別のツールと併用することで真価を発揮するツールと言えそうです。

 

2.Simirarweb

Similar web

2つ目の便利ツールは、Simirarwebです。(http://www.similarweb.com/

Simirarwebはイスラエル発の競合他社のホームページのアクセス状況を丸裸に出来るとんでもないツールです。

既に世界中で広く使われており、表示されるデータは推測値ではありますが、Simirarwebのモニターユーザーが非常に沢山存在しているので精度の高い情報を得ることが出来ます。

使い方は簡単でホームページのURLを入力すると、ランキング・訪問数・平均滞在時間・ページビュー数・1ページあたりの直帰率・ディスプレイ広告のアクセス経由・流入キーワードなどの情報を把握することが可能です。

 

Simirarwebの簡単な使い方

Simirarwebの便利な点はなんと言っても競合他社のアクセス状況を知ることが出来る点です。

はじめは競合他社のランキングや訪問数、ページビュー数などの基本指標を知り、自社との違い・改善点を探しましょう。競合他社となるサイトをいくつかリストアップし、複数のサイトからの傾向を調べるとさらに良いでしょう。

また、各々の媒体ごとでどんなキーワードで検索されているのか、結果アクセスがどうなのかまでうかがい知ることも可能です。

シミラーウェブアクセス
※無料でも6か月前までのアクセス状況を把握することが可能です

その為、例えば自分たちのサイトよりもSEOのランクが低いサイトをいくつかピックアップし、そのサイトでアクセスの来ているキーワードを分析してしまえば、そこよりも質の高いコンテンツを作るだけでそのままアクセスのあるキーワードの順位を乗っ取ってしまう、なんてことも出来たり。。(ちなみにドメインごとのSEOの強さの指標は、ドメインオーソリティーでチェックするのがオススメです)

ちなみにこちらのツールは有料版も有り、有料の場合はPC・スマートフォン両方のアクセスを確認出来る他(無料版はPCのみ)、キーワード調査も複数閲覧できるなど非常に優れたツールではありますが、こちらは非常に高額です。

登録するサイトによって値段が変わりますが、少なくとも集客用の営業媒体の平均的な出稿料よりも、3~5倍の料金は見積もっておく必要があります。ただ、それを補うほどの分析ツールでもありますので、解析・改善に慣れてきたら有料での運用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

その他Simirarwebについて詳しく知りたい方は、こちらのサイトも参考にしてみて下さい。

参考記事

 

3.ahrefs

ahrefs_サムネイル

次に紹介するのは被リンクを調査出来る便利ツール、ahrefsです。(https://ja.ahrefs.com/site-explorer

シンガポールとウクライナの企業が運営するツールで、主に被リンクの詳細情報が得ることが出来ます。独自のクローラーを使って世界中のサイト情報を保有しており、その情報をもとに細かな被リンク情報を提供しているようです。(詳しい仕組みについては把握しておりません。。)

使い方は簡単でこちらもホームページのURLを入力するだけ。ただ、現在は無料で使用が不可能のようで、14日のフリートライアル付きでの有料運用になります。ただ、月額の料金は最低1万前後($79~)の為、必要に応じてこうした有料ツールの使用を検討してみてもいいかもしれません。

 

ahrefsの簡単な使い方

ahrefsは被リンクに関しの多くの情報を得ることが出来ますが、まずは、ahrefsを使う際は”被リンクの量”、”被リンクの推移”、”被リンク元の詳細な情報”を知ることから始めましょう。

被リンクの量はSEOに未だ密接な関係があり、自然な被リンクを集めることは検索順位を上げる1つの要素になっています。自分のサイトの全体的な被リンクの数を知ることで改善の足掛かりにすることが可能です。

また、被リンクの推移を時系列で見ることで、検索順位が急に上がった時や下がった時の原因を調査することも出来ます。

そしてやはり極め付けは競合サイトの調査。例えば下記のグラフはとあるサイトを調査したときの効果が発揮されている被リンクの推移グラフです。

ahrefs_グラフ
※被リンクの推移はグラフで視覚的に閲覧が可能です

こちらのグラフを見るとリリース当初3ヵ月間に大量の被リンク施策を施し、その半年後に徐々にリンク効果を失っていくタイミングでまたリンク数を増やしている様子が伺えます。

このように競合となりうるサイトがどんな被リンク対策行っているのか、そしてその結果、施策が効果的なのかを知ると共に、その競合に勝つために戦う材料となる指標をも把握することが可能です。

また、被リンク元の詳細を知ることが出来るので、どのようなサイトにリンクされたのか知ることが出来ます。被リンク元の情報がわかると自社サイトの強みの傾向が掴めるかもしれません。

より詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

参考記事

 

被リンク調査を無料で代用したい場合 – hanasakigani.jp

弊社では基本的に他社競合の被リンク調査にはahrefsで行っていますが、やはりネックとなるのは有料ツールという点。被リンク調査に慣れてしまえば必須ともいえるこのツールですが、どうしても無料で行いたい場合、その代用品となるツールも存在します。

それがこちらのhanasakigani.jpです。(こちらは無料!)

こちらもURLをフォームに入力するだけで被リンクを確認することが可能ですが、確認できるのは全体の被リンク数とリンク詳細20件まで。

とはいえ無料で使えるツールですので、被リンクのおおよその数値などを把握するにはこちらのツールでも十分確認できます。こちらを使いながら、より詳細が見たい!となった場合に、ahrefsの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

4.SpyOnweb

spyonweb

SpyOnWeb(http://spyonweb.com/)は少し特殊で、Google AdSenseを使用する際に使うAdSenseコードやアクセス解析のGoogleAnalyticsのコード、URLやIPアドレスを使用して、そのコードが使われている他の管理するサイトなどをチェックすることが可能です。

AdSenseコードは1人1つ配布されるものですので、AdSenseコードをたどることで同一のAdSenseコードを使っているサイトを知ることができ、第三者にサイトをコピーされていないかや、AdSenseコードの不正利用を未然に防ぐのに重宝するツールです。

 

SpyOnWebの簡単な使い方

SpyOnWebの本来の使い方は、上記で述べた通りの不正利用されていないかチェックすることですが、使い方を変えると競合他社や気になるサイトの運営者が他にどのようなサイトを管理しているか知ることもできてしまいます。

その為こちらのツールは競合調査で使う場合、サイトのリサーチというよりもその競合が他にどんなサービス・事業展開をしているかを把握することが出来るツールとも言えます。

SpyOnWeb_参考
※競合他社の保有サイトが丸裸!

 

逆にSpyOnWebで知られなくするために

他社競合のサイトを芋ずる式に知れてしまうこのツールですが、自分たちのサイトもそれは同様です。例えばAnalyticsのアクセス解析を1アカウントで行っている場合だと、その運営会社が他にどんなサイトを持っているのかなど、Analyticsのアカウントを統一していた場合、簡単に知られてしまいます。

現在運営しているサイトだけならまだしも、新たなサイト立ち上げの企画が知られてしまったり、マイナスイメージを持たれるサイトを保有していることが知られるなど、場合によっては機会損失を生むきっかけにもなりかねません。

その対策として、

  • GoogleAnalyticsを使用する場合は、アカウントは必ず分ける
  • Adsenceで運用する場合は、Googleタグマネージャーの導入を検討する

等を行っていくことが考えられます。

特にタグマネージャーを使用すれば、SpyOnWebの回避に加えて、他のトラッキングコードやタグの管理も楽になるためお勧めです。

参考サイト

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?競合調査と言われても。。と思うかもしれませんが、他のサイトがどんな施策・対策を行っているか知ることは非常に重要です。

どこから手をつければいいのかわからない。。その状況が原因で調査を難しく感じてしまいがちですが、そんな時に今回ご紹介した便利ツールを使ってみてください。競合サイトのSEOの情報を簡単に知ることが出来るので、仮にただ眺めていただけだとしても、それがそのまま自サイトの改善点を見つける事に繋がる場合もあります。

まずはこうしたツールを使ったことが無い方ならためしに使ってみて、そして徐々に精度の高い調査を実現することを考えてみてはいかがでしょうか。

 

これからSEOを学ぶ人に知ってほしい基礎講座 全10回!(予定!)

SNSの拡散が難しい風俗・アダルト業界において欠かせないSEOの知識。言葉としては当然ご存知かもしれませんが、具体的な施策、取るべき方針をあなたは理解していますか?

これからSEOを学ぶ、本腰を入れてSEOを理解したい。そんなあなたに今回の検索エンジンの基礎から風俗店が目指すべきマーケティング施策までを今回から全10回(予定)に分けてご紹介いたします!

基礎講座 概要

 

 

Pocket

風俗Webライター募集中!【業界人優遇】

「風俗求人サイトをみっけ!」では、現在当サイトをはじめとする、風俗・アダルトメディアへの執筆をおこなっていただけるライター様を募集しております。

当サイトで掲載中の風俗広告などの記事執筆やWebマーケティングのノウハウ、風俗ニュースをはじめ、今後はより「風俗業界で働いた経験を生かした」案件もご用意しております。

もしあなたが、

  • 風俗業界での経験を元にライティングのスキルを磨きたい
  • 風俗やアダルト業界をもっとオープンな世界にしたい
  • ただ書くだけでなく、「集客のできる記事」を学びたい

といったことを少しでも感じているのであれば、ぜひお力添えをよろしくお願いいたします。


風俗ライターの求人応募を見る

コメントを残す

*