Webマーケティング

求人のキャッチコピーや広告文の書き方で参考になる11の心理学

求人広告_書き方の心理学

 

求人広告を出稿する際には常に最大限の効果を期待したいもの。その為には求人広告の内容やアピール文の書き方というのも非常に重要な要素です。そこで今回は求人の広告分やキャッチコピーを書く際に効果的に使える11の心理学要素をご紹介いたします。

求人広告で役に立つ11の心理学

1.アンカリング効果

アンカリング効果

アンカリング効果とは、特定の数字やデータにフォーカスすれば、人は本質を忘れ去ってしまうという法則を利用した効果のことです。

例えば、「時給が相場より高い1500円!」といった広告を見かけますが、これはまさにアンカリング効果を利用した求人広告です。「相場より高い1500円」といった特定のデータに注目させることにより、その仕事は時給1500円で妥当なのかといった本質を考えるよりも先にとてもラッキーなものに出会ったと錯覚させることができます。

金額面でのアプローチは高収入求人との親和性も高くオススメですね。

注意したい点として、一般的に認識される相場よりもあまりにかけ離れた数値の場合、逆に疑いをもたれる可能性もあり逆効果となる恐れもあります。(特に高収入求人の場合、求職者はまず疑ってみています)

あくまでも「考えうる一般的な相場よりも上」という認識にとどめておくことが重要です。

 

2.スノッブ効果

スノッブ効果とは、他人の消費量が多いと自分の消費量は少なくなるという法則を利用した効果のことです。もっと分かりやすく言うと、ある財についてそれを買う人が多いと、それだけ商品価値が薄くなるので自分が買うのは止めておこうと考える心理作用のことです。

この法則を利用した求人広告では、「選ばれた人しかできない仕事」とか「誰も彼もができる仕事じゃない」などの見出しがありますが、これはまさにスノッブ効果を利用した求人広告です。広告の内容に希少価値を出すことによって、ターゲットのチャレンジ意識を沸き立たせることができるのです。

男性求人などは特に相性が良く、例えば幹部候補などの求人では一般的な表現で間口を広げるよりもあえて「意欲的な人以外はいらない」ぐらいのとがった表現の方が、より向上心のある求職者にささる文面として伝わります。この表現はチャレンジ精神旺盛な人材を欲している場合に効果的です。

 

3.フレーミング効果

フレーミング効果とは、人が何かを選択する場合、本質が同じの選択肢が二つあっても、人は自己の心的構成によって選ぶものが違うという法則のことです。例えば、感染症にかかった人を救出する方法を選択する場合、

  1. 100人中30人が助かる薬を投入する方法
  2. 70%の確率で死亡する薬を投入する方法

この2つの選択肢のうちどちらかを選んでもらった場合、多くの人が「1.100人中30人が助かる薬を投入する方法」を選びます。

この二つの選択肢はどちらも本質的に同じことを言ってますが、人はその心的構成から同じ意味でもプラスに働く表現で言われた100人中30人が助かる方法のほうが望ましいと考え、そちらを選択する傾向にあります。

求人広告の例で考えてみますと、例えば離職率の低さをアピールしたい場合は、「1年以内の離職率がわずか5%」と表現するよりも「新規採用者の在籍率95%」と表現する方がより魅力的に感じられる一文となります。

 

4.同調現象

同調現象認知的不協和

同調現象とは、みんながやってることには安心感を示し、自分だけがやっていて周りがそれをやっていないと不安に感じるという集団心理のことです。寄らば大樹の陰、長いものに巻かれるといった言葉は、まさにこの同調現象を表現しています。

同調現象は求人広告を出す際にも利用されており、例えば「幅広い世代の方が取り組んでいます」といったキャッチコピーなどは、この同調現象の効果を狙ったものです。扱いに注意は必要ですが、「皆がやっている」という認識を強めることで、求職者の仕事に対する心理的な不安を払拭することが期待できます。

 

5.認知的不協和

認知的不協和とは、相反する二つの意識を人が同時に抱く場合、そのアンビバレンスを納得させるために、自己の認識を変えようと努力する心理過程のことをいいます。例えば、高い買い物をした場合、人はそれを買って良かったという意識と、買って良かったのだろうか?という相反する二つの意識を抱きます。

このときそのストレス状態を逓減させようとして、自分と同じものを買った人を探したり、商品の前向きな宣伝広告に注目しようとします。この心理過程が認知的不協和です。

風俗などの求人の場合、未経験者は金銭的な面などの目的意識と同時に仕事に対する不安が強く働くため、まずはこの不安を取り除いてあげたり、働くことに対する理由づけをしてあげることが、応募と勤続意欲にもつながります。同調現象と合わせて考えたい心理です。

6.バンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは、同調現象の一種で、自分が持っている商品を買った人が多ければ多いほど、その商品によって得られる満足感が高まる効果のことです。

販売促進においては流行という言葉を使うことによってこの効果が利用されており、広告のキャッチコピーで「今流行の……」とか「すでに○○台を突破!」といった言葉を使うことにより、バンドワゴン効果を生かした集客を行っています。

求人広告においても利用されており、「応募者多数のため……」とか「人気職種につき……」といった広告フレーズを使うことでその仕事を行う人が多いという印象を与え、それを人材確保につなげています。

 

7.バーナム効果

バーナム効果

バーナム効果とは、誰にでも当てはまるようなメッセージを、自分だけに当てはまるメッセージだと思い込んでしまう心理作用を利用した効果のことです。これを理解するには、よくある血液型診断が最も分かりやすいでしょう。

例えば、「A型の人は几帳面でキレイ好きである」とよく言われます。これを見たA型の人は、確かに当たってると思うかもしれませんが、実際にはB型やO型の人にもキレイ好きで几帳面な人はたくさんいます。
それなのに、自分だけに的中したと思い込んでしまう人がいます。この思い込みによる心理作用が、バーナム効果です。

占いなどで応用されるこの効果ですが、求人広告の場合はより自分に当てはまると思わせることが重要で、例えばキャスト向けの求人広告で黒髪の女性を集めたい場合、バナー写真に黒髪の女性を使い、集めたい女性に近い年齢や特徴などを具体的に記載してあげれば、同調現象と合わせてより自分のことだと認識させ、応募に繋げるのに効果的です。

 

8.損失回避の法則

損失回避とは、これから新しく得られるものより、今保有しているものを手放したくないと考える心的傾向のことです。

例えば、今これを手放しても、近い将来にこれの2倍が得られると言われたとしても、人は今あるものを手放したくない保有効果を優先させ、とにかく損失を回避させようとします。

先行投資はまさにその典型で、時間と費用がかかる新入社員の教育は、将来において利益を生む可能性があるものの、現在においては損失として計上されてしまうので、企業によっては現在の損失を避けるため、新卒採用はなく中途採用によって人材確保を行おうとします。

経験者向けの求人広告を考える場合、「バック率が今努めているよりも高い!」という意味合いよりも、「今の収入を維持しつつプラスが期待できる」といったことを意識させるほうが効果が期待できます。

 

9.マッチングリスク意識

代理店選び方

マッチングリスク意識とは、自分が決定することについて、上手くいかなかったらどうしようと不安をもつ意識のことです。

例えば、ある洋服を購入するとき、サイズが合わなかったらどうしよう、似合わなかったらどうしようと考えることがありますが、これがマッチングリスク意識の典型です。何かを決定する際に心を不安が覆うことは誰にでもあるので、その点で、マッチングリスク意識は決して特別なものではなく、誰もが持つものだといっていいでしょう。

この心理は求人広告よりもキャスト管理などの働きやすさを考慮する上で考えたい要素でもあります。

 

10.現状維持の法則

現状維持の法則とは、何か新しいことを始めようと思っても、それを習慣にしづらいことは、すぐにやめて現状に戻る法則のことです。

例えば、ダイエットしようと思っても、運動することや間食を断つことを習慣にする前にすぐにそれをやめて元の生活に戻ってしまう人がいます。これが現状維持の法則の分かりやすい事例です。

転職活動などは生活スタイルを大きく変える可能性もあるため、この心理的要素はマイナスに働きがちです。現状よりも転職した方がいいメリットがあれば積極的にアピールをしていきましょう。

 

11.ウィンザー効果

ウィンザー効果

ウィンザー効果とは、直接的な情報よりも、間接的な情報のほうが説得力が増すという心理効果のことです。例えば、商品の開発者の説明を聞くより、それを評価する評論家や口コミのほうが消費者に影響を与える場合があります。

ウィンザー効果はマーケティングで注目されている法則の一つですが、実は求人広告でも利用されています。例えば、紹介する仕事の面白さや魅力を雇用者だけが説明するのではなく、実際に働く人の声や意見は特に効果的です。

また雇用者以外の第三者の評価を加えれば、その仕事がより多くの人に評価されていることを強調付けることができ、求職者の応募意欲を高めることができます。

 

どんな求職者を取りたいのかは必ず明確に

求人広告の書き方で参考にしたい心理学要素をご紹介いたしました。ですが人広告で大切なのはどんな求職者を採用に繋げたいのかを明確にすることです。

人物像が明確になれば、バーナム効果で自分のことのようにアピールすることができますし、またその生活スタイルを想像することで損失回避の法則や現状維持の法則に則った具体的なアプローチが可能です。

取りたい人材に対して効果的な文章を考えるためには、まずはその求職者の人となりを知ることが大切です。

Pocket

風俗Webライター募集中!【業界人優遇】

「風俗求人サイトをみっけ!」では、現在当サイトをはじめとする、風俗・アダルトメディアへの執筆をおこなっていただけるライター様を募集しております。

当サイトで掲載中の風俗広告などの記事執筆やWebマーケティングのノウハウ、風俗ニュースをはじめ、今後はより「風俗業界で働いた経験を生かした」案件もご用意しております。

もしあなたが、

  • 風俗業界での経験を元にライティングのスキルを磨きたい
  • 風俗やアダルト業界をもっとオープンな世界にしたい
  • ただ書くだけでなく、「集客のできる記事」を学びたい

といったことを少しでも感じているのであれば、ぜひお力添えをよろしくお願いいたします。


風俗ライターの求人応募を見る

コメントを残す

*