Webマーケティング

求人募集で劇的に効果が出るキャッチコピーの考え方とは?

求人_キャッチコピー

求人に限らず、宣伝広告やランディングページ等、あらゆるビジネスにおいてキャッチコピーは大切なもの。広告を作る際、8割の時間をキャッチコピーに使っているライターもいるほどです。

そこで今回は、求人募集を出す際に、このキャッチコピーを作る際に参考になる考え方をご紹介いたします。

 

1.関心を誘う

広告というのは、兎にも角にも興味を持ってもらうことが大前提。興味を持ってもらう為には、その広告に対して関心を向けてもらう必要があります。そしてその関心を誘うためにはまず、キャッチコピーが自分に向けた内容だということを意識させなければなりません。

例えば20歳の女性に対して求人を出したいのであれば、”20歳”という言葉を入れるだけで、20歳の女性すべての目を引くことが出来ます。

 

2.利益に訴える

求人内容で、女の子の利益に繋がるのは時間・お金、そして待遇の条件です。この中でアピールしやすく、また効果があるのは待遇の条件です。例えばあなたのお店が託児所を完備しているのであれば、これはシングルマザーの女性にとって大きなメリットであり、利益のあるものになります。

他にも体験入店可、未経験・短期OKなど、あなたのお店が行える待遇で利益になるものは一度洗い出してみて、魅力を伝えましょう。

 

3.分かりやすさを意識する

どんなに待遇が良くても、条件が良くても相手に伝わらなければ意味がありません。こうした求人や広告文は、事実をストレートに伝えることが効果的です。「~みたいな」「~と同じような」といったあいまいな表現を使ってはいませんか?こうしたあいまいさは時に誤解を招いてしまうこともあります。

事実をより魅力的に伝えることを意識しましょう。

 

4.約束・保証を織り交ぜる

利益に魅力を感じたとしても、素直にそれを信じてすぐに行動する人はなかなかいません。初日に3万保証だけどそれってホントにもらえるの?というように、どこかで疑いの目を向けてしまうからです。それを払拭する為には、その利益に対する保証・約束を伝えてあげる必要があります。

なぜ受け取れるのか、なぜもらえるのか、その理由を具体的に伝えることでその利益を信じさせることが大切です。

 

5.次に繋がる言葉を伝える

自分のお店が如何に魅力的であり、女の子にとっていい待遇であることを伝えたい!けどキャッチコピーやバナーだけでは入りきらないっ…!そんな時は、次を読ませる魅力のある言葉を使ってみましょう。

例を挙げるとすれば、それを読んだとき疑問を持たせる文言が効果的です。簡単な問いかけを行うのもいいですが、「未経験だったこの子も、たった1か月で日8万稼げています!」のように、具体的なエピソードを入れるとより興味を引き立てることが可能です。

 

キャッチコピーに重要なことは、「どう」言うのではなく、「何」を言うのかが大切です。

Pocket

風俗Webライター募集中!【業界人優遇】

「風俗求人サイトをみっけ!」では、現在当サイトをはじめとする、風俗・アダルトメディアへの執筆をおこなっていただけるライター様を募集しております。

当サイトで掲載中の風俗広告などの記事執筆やWebマーケティングのノウハウ、風俗ニュースをはじめ、今後はより「風俗業界で働いた経験を生かした」案件もご用意しております。

もしあなたが、

  • 風俗業界での経験を元にライティングのスキルを磨きたい
  • 風俗やアダルト業界をもっとオープンな世界にしたい
  • ただ書くだけでなく、「集客のできる記事」を学びたい

といったことを少しでも感じているのであれば、ぜひお力添えをよろしくお願いいたします。


風俗ライターの求人応募を見る

コメントを残す

*