みっけStoryまとめ

【女性向け】男を何度もイかせるセックステクニックとは?

【女性向け】男を何度もイかせるセックステクニックとは?

「彼氏に何度も逝って(射精して)もらいたい」。エッチ(H)している最中にそう思ったことはありませんか?

セックステクニックを磨けば、今よりもっと男性に喜んでもらえます。具体的には、キス・手コキ・フェラ・パイズリ・セックスのやり方やテクニックを学びことが重要でしょう。

今回は風俗求人サイト『みっけ』が教える風俗嬢直伝のセックステクニックについてご紹介します。彼氏に気持ちよくなってもらいたい女性は是非参考にしてみてください!

【手コキ】フェラより疲れない・何度も射精できる

【手コキ】フェラより疲れない・何度も射精できる

手コキは、気持ちいいセックスをする下準備として、最も手軽で、最も効果があるテクニックです。手コキのやり方は初心者でもできる簡単な方法。男性のペニス(竿)を握り、先端の亀頭から根本の睾丸のほうへ上下に擦るだけです。

しかし、上手な手コキを覚えるためにはコツが必要です。いくつか要点をピックアップしていきましょう。※今回参考にした「フェラよりも3倍気持ちいい手コキのやり方・テクニック」という記事では、手コキのやり方・テクニック・コツが全てまとめてあります。

ペニスで感じる場所「性感帯」を知る

実は「気持ちいい=性感帯がある」ということなのです。つまり、パートナーの性感帯の場所を知ることがとても重要。一般的には性感帯は神経が集まる首筋・太もも・手足の指などにあると言われています。ペニス(陰茎)やアソコなどの性器も例外ではなく、性感帯が密集しています。

ただ、ペニス(陰茎)は亀頭・カリ・裏筋・竿などに分かれており、その部分によって性感帯の密集度が変わってきます。あまり気持ちよくない部分も、すぐ逝きそうになる部分もあるということ。

結論を言うと、「亀頭またはカリの部分」が1番気持ちいい・感じる男性が多い人気の場所です。包茎の男性なら皮ごと擦ってカリを刺激したり、ズルムケの男性ならローションを使って亀頭責め・カリフックなどをテクニックを使うのがおすすめ。

亀頭・カリ以外の裏筋や竿が気持ちよくないというワケではありません。同じ箇所をずっと刺激すると効果が薄れたり、新鮮な快感がなくなりますので、様々なペニスの触り方で男性を気持ちよくしてみてください。握り方も片手握り・逆手握り・両手握りなど疲れないように変えましょう!

手コキの動かし方・テクニック

男性の気持ちいい部分「性感帯」の場所を知ったならば、上下に擦るだけでは満足できないということが分かるはず。竿の上下運動にプラスして、手のひら全体を使った亀頭責め、片方の手を使った睾丸マッサージなどのテクニックを披露してみてください。

また、最初をフェザータッチで優しく触り、勃起して固くなってきたらリズミカルに動かし、時には緩急をつけて手を動かすことをおすすめします。セックスで騎乗位するときの腰の動かし方とあまり変わりません。男性は気持ちよさに慣れてしまうとペニスが萎えてくる動物なので、飽きないようにマンネリ化しないように変化させていくことが重要です。

射精しそうなときは焦らさずにイかせてあげましょう。まだセックステクニックを覚えていない女性には、焦らしなどの技術は必要ありません。「自分のテクニックで男性を気持ちよくできた」と自信を付けることが第一です。男性のED(勃起不全)防止や尿道炎防止にもつながります。

【睾丸マッサージ】精子力UP・ED(勃起不全)回復

【睾丸マッサージ】精子力UP・ED(勃起不全)回復

先ほどの手コキテクニックの中で少し出てきた「睾丸マッサージ」についてもご紹介。睾丸マッサージとは、男性の金玉・睾丸・陰嚢を手でマッサージするセックステクニックです。実は睾丸も性感帯のひとつで、男性は触られると気持ちいい部分です。男性はあまり刺激された経験がないと思うので、新鮮な刺激に感じること間違いないでしょう。

睾丸の触り方は優しく

男性にとって睾丸はとてもデリケートな部分です。内蔵のひとつですが、なぜか身体の外に皮1枚に包まれて露出しています。そして、子供を作るための精子を製造している重要な機関でもあります。激しい触り方をしたら、気持ちいいセックスはできても、子作りができない身体になってしまうかもしれません。

ただ、睾丸マッサージには、男性ホルモンの分泌を促進させる、精液の量を増やす、血流が原因の器質性EDを治すなどのメリットがあります。セックステクニックを学ぶうえで、睾丸マッサージのテクニックも身につければ十分に活用できることでしょう。

まず、睾丸はタマと呼ばれるくらい柔らかい球体です。ゆで卵のような硬さを想像してみてください。ゆで卵が潰れないような触り方で睾丸をニギニギしてみましょう。そのとき、男性には気持ちいいか・痛くないかを随時確認することをおすすめします。

最初は慣れない刺激で戸惑うかもしれませんが、男性はきっと気持ちいいハズ。空いた手を使って手コキをしてあげれば、気持ちよさは倍増します。痛くないなら、少しだけ圧力をかけて握ってみてもいいかもしれません。

他の性感帯を刺激しながら動かす

ペニス以外にも、太ももや鼠径部(足のつけ根)などの神経が集まっている性感帯を刺激しながら、睾丸マッサージの方法を試しましょう。

内ももからグイッと手を入れて鼠径部を刺激したり、つけ根も合わせて刺激するやり方がおすすめ。このとき、身体の端から中心へと動かす、腕から動かしなでる、フェザータッチと強い刺激を混ぜるなどコツがあります。

睾丸マッサージ自体でイかせることはほぼ不可能(よほどM気質な男性なら射精できるかもしれない)なので、あくまでセックステクニックのひとつと考えるのがいいでしょう。手コキや睾丸マッサージなどのテクニックを駆使してエッチ(H)までの流れ・雰囲気を作ってみてはいかがだったでしょうか。

今回ご紹介した睾丸マッサージのコツは「睾丸マッサージのやり方を伝授★睾丸から日本を元気に!日本風俗女子サポート協会「睾丸セラピスト養成講座」潜入レポ☆」というブログ記事に載っています。睾丸セラピストの認定講師資格を取れるセミナーも開催中とのことなので、是非チェックしてみてください。

【アダルトグッズ】新鮮な刺激が気持ちいい

【アダルトグッズ】新鮮な刺激が気持ちいい

他にもセックステクニックは様々ですが、忘れてはいけないのがアダルトグッズ。いわゆる、大人のおもちゃです。男性向けではオナホール・ラブドール・コックリング(ペニスサック)、女性向けではバイブ・ローター・電マ・ディルド・膣トレグッズなど様々なアイテムが登場しています。

これらのグッズで得られる刺激は新鮮で、今まで感じたことがない快楽を味わうことができるはず。マンネリ気味だったセックスにも新たな楽しみ方を見いだせるでしょう。

オナホールは女性が使っても楽しめる

オナホールは男性がひとりでオナニーするために使うアイテムですが、女性が手コキする代わりにオナホールで扱いてあげても気持ちいいです。電動オナホールでない限り、動かし方・リズムが単調になってしまうからです。

先ほどご紹介した手コキのテクニックにも飽きてしまったなら、オナホールによる手コキを試してみることをおすすめします。

ローターは乳首やクリトリスの刺激に使える

ローター(ピンクローター)は振動で性感帯を刺激するグッズです。男性・女性の乳首の刺激、クリトリス(女性器)やアナル(尻の穴)の開発など、使用用途は幅広く利用できます。

風俗キャスト必見!みいたんの「アダルトグッズ講座」~ローター編(トイズハート ふわり)~」という記事では、有名な大手メーカー「トイズハート」さんのふわりというローターの使い方が紹介されていました。

Pocket

コメントを残す

*