Webマーケティング

風俗もいよいよ口コミの時代?他業種でみるWeb媒体の変化と予想

風俗口コミ

インターネットが生まれてから約25年。Web上でのサービスやその在り方もスマートフォンなどの登場でここ数年で急速に発展し、新しいサービスが次々に誕生しています。

そんな中、風俗業界はWeb界隈では一際変化の遅い業界と言われていましたが、ここ数年で変化の兆しが出始めているように感じられたので、Webサービスの発展から今後の予想を記事にしてみました。

 

Web上での情報発信の変化とは?

インターネット誕生の詳細な時期は以下の通り。

1989年3月、欧州原子核研究機構 (CERN) のティム・バーナーズ=リーは「Information Management: A Proposal」(情報管理: 提案)を執筆し、ENQUIRE を参照しつつさらに進んだ情報管理システムを描いた。彼は1990年11月12日、World Wide Web をより具体化した提案書「WorldWideWeb: Proposal for a HyperText Project」を発表した。実装は1990年11月13日から開始され、バーナーズ=リーは最初のウェブページを NeXTワークステーション上に置いた。
引用元:Wikipedia

そこからめまぐるしく変化した、主に日本でのWeb上の情報発信の形を簡単にまとめてみました。

 

※以下見出しの表題・名称はなんとなく適当につけてます

情報発信型(1990年~)

PCが普及し始め、インターネットが開通し情報発信が生まれ始めた時代。

企業側はまだまだ整備が整っている状況とは言い難く、それこそホームページビルダーで企業サイトを作成するところも多々ありました。

また情報の精度も低いものの、そもそも発信する側が少なかった為、真新しいサービスであり、差別化が出来ていればが始まるだけで成功するような時代でした。

ちなみに今やWeb業界で欠かせないインフラとなっているGoogleの前身(Backrub!)は1995年のリリースでしたが、その時はYahooをはじめとする競合の多い、むしろ後発の検索エンジン。

BackRub!
今のGoogleを踏襲するサイトデザイン!

その中で頭一つ抜けて勝ち抜けたのは、競合が内部リンクを重視する仕様であった中で、被リンクを重視するという、外部施策を中心としたランキング調整で検索エンジンの機能を最大化し、他との差別化に成功したからでした。(何気にSEO:Search Engine Optimization という言葉はこの時代からすでに存在!)

 

情報確認型(2000年~)

情報を発信すれば儲かると皆が気付き始め、真偽の分からない情報が乱立し始めたころにニーズが生まれたのが、「口コミサイト」と呼ばれる、ユーザーも情報発信・あるいは参加型の情報発信の形です。

その情報が本当に正しいのかという疑問が生まれ、企業やサービスが一方的に発信し続けるものから、徐々に「ユーザーの声」を取り入れる時代に変化していきます。

その最大手であるサイト「価格.com」が誕生(正確には「¥パソコン価格情報¥」からリニューアル)し、人気と反響を集めました。

価格com
口コミの最大手となったカカクコム。他にも食べログなどのサイトを運営

 

情報選択型(2005年~)

情報量が増えてくると今度はそれを精査し、2chなどを中心に乱立した情報をまとめる、まとめサイト・キュレーションメディアなどが出始め、またSNSなどのコミュニティーサービスが充実してきました。FacebookやTwitterなどが主にあげられます。

口コミの必要性からユーザー発信の情報量が爆発的に多くなってきたために、それを選ぶのにも苦労し始めたために生まれたニーズであり、またそれを他の人に伝える文化が生まれました。

sns_facebook
Facebookは今や世界で月間13億のアクティブユーザーがいるサービスに

 

風俗業界のWebサービスは今後どうなる?

 

風俗業界・アダルト業界のWebサービスの変化は、一般業種と比べて遅れていると言われています。

というのも、風俗集客のWebメディアは、未だに運営側や店舗が情報を伝える情報発信型の媒体が最大手であり、ユーザーは店舗・媒体が発信した情報を元に利用、そして評判などの情報は2chやホスラブなどの大手掲示板を使うのが一般的な流れになっています。

口コミとユーザーの情報を得る流れはできているにも関わらず、一般のメディアに比べたサービスの変化の遅さの理由は、店舗や代理店・媒体側の思惑や利害関係もあれば、風俗という共有されにくい業界という点であることなど、上げだすとキリがないものですが、ともかく多くの要因がストッパーとなっていました。

ところが近年、「当たり嬢」や「Kaku-butsu」、「口コミ風俗情報局」などの媒体が反響を伸ばしてきており、徐々に発信型のサイトから口コミや拡散・共有による情報獲得の形へと変化を見せ始めています。

その原因の一つはスマホの普及により情報を入手する機会を多く得たことや、また好意的な目で見れば、SNSでの共有に対する敷居や風俗への偏見・考え方が少しずつ和らいでいるようにも見受けられ、徐々に一般業種と変わりないサービスの一つとして受け入れられつつあるのかもしれません。

こうした流れは今すぐにどうこう言えるものでは無いのかもしれませんが、簡単なことですぐに炎上・拡散する昨今、風俗関連の業種もこうした口コミの情報による宣伝、あるいは悪評に対する方針や対策などを踏まえた店舗運営を、今後は心がける必要がありそうです。

Pocket

風俗Webライター募集中!【業界人優遇】

「風俗求人サイトをみっけ!」では、現在当サイトをはじめとする、風俗・アダルトメディアへの執筆をおこなっていただけるライター様を募集しております。

当サイトで掲載中の風俗広告などの記事執筆やWebマーケティングのノウハウ、風俗ニュースをはじめ、今後はより「風俗業界で働いた経験を生かした」案件もご用意しております。

もしあなたが、

  • 風俗業界での経験を元にライティングのスキルを磨きたい
  • 風俗やアダルト業界をもっとオープンな世界にしたい
  • ただ書くだけでなく、「集客のできる記事」を学びたい

といったことを少しでも感じているのであれば、ぜひお力添えをよろしくお願いいたします。


風俗ライターの求人応募を見る

コメントを残す

*