Webマーケティング

ホームページを活用しきれていない風俗店様へ すぐに始められる店舗サイト改善案

すぐに出来る店舗サイト改善案

多くの風俗店のWeb集客で柱となっているのは、シティヘブンやぴゅあらば等の、有料の情報媒体からのアクセス

その為店舗のホームページは、そこまで力を入れておらず、日々の更新のみとキャンペーンの更新に従事しているだけ。あなたのお店もそんなことはないでしょうか?

店舗ページというのは新規顧客を成約へ結び付けることと、気になったお店としてブックマークしてくれたり、一度利用して、再度訪れてくれたリピーターに対して宣伝する役割を担っています。

そこでまずは、リピーターを確保するために有効な、すぐに出来て且つ効果が期待できる方法をご紹介!もしあなたのお店のホームページが、ただの看板としてしか扱われていないのであれば、この記事をきっかけにぜひとも店舗ホームページの解析の足掛かりにして下さい。

 

すべてにおいて必要なのはアクセス解析

まず大前提として、Webサイトの改善に乗り出すためには、アクセス解析の設置が必要不可欠です。

弊社ではGoogleが提供しており、無料で使えるアクセス解析ツール、GoogleAnalyticsを活用してサイト解析を行っております。このツールは非常に多くの機能を有しており、使い勝手もいいので、もし抵抗が無ければこのツールを使用することをお勧めします。

Google Analytics

参考サイト

 

PV数・UU数(セッション数)にとらわれてはいけない

解析ツールを導入した際に、良く陥りがちなのがPV数、セッション数などの、どのくらいユーザーがそのページに訪れたのか、といった集客に関わる数値をひたすら気にしてしまうこと

手っ取り早い方法としてPV数などを高めるためには、利益性のある検索キーワードを意識したSEO施策や、お金をかけて情報媒体の出稿量を増やすなどの手段があります。

ですがせっかくそこに予算を投じたり施策に注力しているのに、いざ店舗のホームページへ誘導した際にきっちりとお店に足を運んでもらえるように設計をしていなければ、店舗ページに来た段階で逃げられてしまい、予算の無駄遣いとなってしまいます。

初めに店舗のホームページを解析する際に意識したいのは、サイト内で電話やWeb予約に丁寧に誘導すること。お店のサービスが良ければあとは案内するだけ。そうするだけで、容易に新規のユーザーをお店への潜在顧客、あるいは利益性のある顧客へと引き上げることが可能です。

その足掛かりとするために、まずはサイト内の回遊率(どれだけサイトを見た回ったかどうか)を示す指標である、直帰率ページ/セッションという2つの値が自分のホームページでどんな値となっているのか見てみましょう。

関連記事

  • Web予約や電話を確認するAnalytics目標設定の方法

 

初心者が改善の参考にしたい、直帰率とページ/セッションとは?

直帰率とは、1ページしか閲覧されなかった率、要約するとユーザーがサイトに訪れた際にそのページを見ただけで別のサイトへ移動してしまった場合の比率です。

ページ/セッションとは、1セッション(ユーザー)がサイト内のページを何ページ見たか、という値です。要約すると、ページ/セッション数が2.5という値であれば、そのサイトに訪れた人は、平均して2~3ページ見て別のサイトへ移動する、ということです。

 

直帰率・ページセッション確認方法
左側メニューの”ユーザー” ⇒ “サマリー” を選択することで確認可能

 

ちなみに直帰率に関しては、サイト全体での指標はあくまで目安でしかありません。ここで重要なのは、どのページで直帰率が多いかどうかを見極める必要があります。

手始めに行うのであれば、最初に訪問したページと訪問したユーザーが2ページ目はどこなのか。その直帰率がどうなのかという点を調べるのもいいかもしれません。

 

Analyticsランディングページ確認方法
「行動」タブ”サイトコンテンツ” ⇒ “すべてのページ” 後、”セカンダリディメンション”で2ページ目を探そう

または、弊社が使っているカスタムレポートの「Landing」を利用すれば、1クリックでこのデータを確認することも可能です。

関連記事

 

直帰率・ページ/セッションを元にした具体的な改善の流れとは?

今回は弊社が実際に管理運営しているサイトを元に、サイト改善を行うことを想定した場合の具体的な流れを挙げさせて頂きます。

細かい目標設定等は省きますが、主な改善の目的は店舗ページはとにかくサイトに訪れたユーザーが、お店に足を運んでもらう数を増やすことです。

 

1.最初にチェックするのは、直帰率が高いページがどこか

今回調査例の対象サイトで直帰率が高いページを確認したところ、店舗ホームページに訪れるユーザーはTopページの前、年齢認証ページの直帰率が高く、そもそもページを見る前に離脱する比率が多い傾向にありました。原因として考えられたのが、

・ボタンのデザインが背景と同化してしまい、分かりづらかった
・そもそも年齢認証ページのサイト遷移が不便

この2つです。その為年齢認証のページをモーダルウィンドウと呼ばれるポップアップの仕様に変更し、年齢認証ページそのものを無くすことが、解決策として挙げられました。

参考サイト

 

サイトを改善する上で意識したいのは、改善した場合、どのぐらい効果があるのかで、施策案に優先順位をつけることです。

今回の場合は、年齢認証で圧倒的に直帰率が高かった為、改善する必要がある項目の中で最も効果の高い個所と判断しました。

 

2.Topページから次に移動するページも改善の優先ページ

次に、Topページから出勤情報の一覧に移動する場合が多く、2番目にシステム関連と料金の情報ページが多い傾向にありました。

出勤情報のページが多いのは遊べる女の子を探すという明確な理由がありそうです。その為、誘導の改善案として、出勤一覧のページを見るのではなく、女の子の詳細ページから、直接予約・あるいは電話がスムーズに出来るデザインが必要と仮定しました。

これは使っているデバイスがPCであれば、Web予約や店舗電話番号の記載、スマートフォンであれば、電話予約やライン予約等のボタンが分かりやすく、目立つ位置にあるかどうかです。

幸いこちらに関しては設置済みであり、直帰率も全体に比べて低い傾向となっておりました。

 

そして、2番目であるシステム関連と料金の情報ページ。こちらは、新規で訪れるユーザーが多い傾向にありました。

新規セッションセグメント設定方法
新規ユーザーの確認は、メニューバー下の“+セグメント”をクリックし、新規ユーザーを選択⇒適用で確認可能です

 

この要因はリンクが目立つ位置にあるなどの設計による要因も考えられるものの、新規のユーザーは、知らない店舗に対して、いくらで遊べるのか、場所はどこなのかなど、そのお店に対しての情報収集を優先させる傾向にあると言えると仮定。

そして、そのページで離脱してしまう割合もまた新規ユーザーが多い傾向が見られました。

これは料金が合わなかったり、プレイ内容が求めているものと違うといった、欲求とサービスの相違によるものも考えられますが、今回はその離脱を少しでも減らしていくことを改善すべきと判断できそうです。

そこで行った改善案が、料金ページから女の子の情報ページへ誘導することです。

誘導施策例

先ほども述べたように、新規のお客様は料金などを確認し、それから初めて女の子のページへ行く場合が多いと仮定される為、その導線をこちらから分かりやすく提供してあげるのが有効だと判断しました。

例えば、ふらりと店舗に訪れたご新規様に対して、料金の説明等をしたのち、女の子のパネルを見せてすぐに案内出来る女の子を紹介する、なんて経験がないでしょうか?ホームページでも同じことをするイメージです。

料金ページを見たときに、そのシステムや料金が納得のいくものでなければ、別のお店を探してしまいます。

ですが、料金ページから女の子の出勤情報のページや、在籍一覧などのページへのリンクを目立つように準備すれば、女の子ページへ促しやすく、少し料金やプレイ内容などに不満があったとしても、女の子の良し悪しで利用する可能性を高めることが出来そうです。

その為、設置個所は料金プランの下に、女の子の写真付きで、女の子の詳細ページのリンクを配置するなどが良さそうです。

 

今回の例はあくまで一つの事例であり、すべてのサイトが同じような改善案を必要とするわけではありません。

この例を元に、まずは自分のサイトの弱い点に目を向け、そこを目標を立てて修正・改善し、またそれを検証する、といったサイクルを作り、常にアクセス解析を通して店舗サイトを観察していくことが大切です。

ホームページでの集客と言われた時、大々的なキャンペーンや、きれいなサイトのデザイン・構築などに目を向けがちではありますが、今回のようなこうした細かい気配り、使いやすさを求めるのもまた重要なこと。

もしあなたがサイト解析に手を付けていない、やりたいけど何をすればいいか分からないといった場合には、まずは今回の例のように一つの指標として、直帰率とページ/セッションがどうなっているのか、見てみてはいかがでしょうか。

Pocket

風俗Webライター募集中!【業界人優遇】

「風俗求人サイトをみっけ!」では、現在当サイトをはじめとする、風俗・アダルトメディアへの執筆をおこなっていただけるライター様を募集しております。

当サイトで掲載中の風俗広告などの記事執筆やWebマーケティングのノウハウ、風俗ニュースをはじめ、今後はより「風俗業界で働いた経験を生かした」案件もご用意しております。

もしあなたが、

  • 風俗業界での経験を元にライティングのスキルを磨きたい
  • 風俗やアダルト業界をもっとオープンな世界にしたい
  • ただ書くだけでなく、「集客のできる記事」を学びたい

といったことを少しでも感じているのであれば、ぜひお力添えをよろしくお願いいたします。


風俗ライターの求人応募を見る

コメントを残す

*