風俗SEO

SEOで必要な被リンク対策まとめ

SEO被リンク対策_サムネ画像

SEO対策は大きく分けて”内部対策”と”外部対策”の2つに分かれています。前回は内部施策で重要なタイトルタグなどの説明を致しましたが、今回は中でも被リンク、外部対策の重要性についてのお話です。

 

SEOにおける外部対策とは

内部施策はサイトのタグ回りや表示の高速化など、”サイト内部”の最適化を図る施策。それに対し、外部対策とは他のサイトからリンクを張ってもらうなど、文字通り”外からの評価”を得る対策のことです。(別名:被リンク対策・バックリンク対策)

例えば風俗情報サイトに無料掲載のお願いをした際に、届出確認書と一緒にリンクバナーの設置が条件に上げられることがありますが、これも実は外部対策の一つ。

風俗店舗の営業サイトなど、属性の近いサイトのリンクを集中的に集めることで、その情報サイトは他のサイトにも取り上げられる価値の高いサイトであるとGoogleに認識され、順位向上の効果を見込めるようになるのです。

 

今現在、被リンクは有効なのか?

結論から言うと、被リンク効果は今でも重要な指標の一つであり効果のあるものです。

以前、被リンク効果は後発ながらGoogleが検索エンジンの優位性を勝ち取った指標なだけに、2000年初頭から2010年前後まで、SEOにとって最重要視されていました。しかしその効果の高さから悪質な方法でリンクを集めるスパム行為が横行。

そのためなのかどうなのか、Googleは2011年にコンテンツの質をこそ重視する方針切り替え、結果的にSEOにおける被リンクの重要度が下がることになります。そしてペンギンアップデートと呼ばれる検索順位アルゴリズムの変更を行うことで、Googleは自サイトだけでなく被リンクの質も求め始めました。

このGoogleの方針変更は外部リンクのボリュームのみに頼っていたSEO業者を淘汰しはじめ、中には「被リンクは死んだ」と言った表現も使われるほどに。(実際のところは露骨なスパムSEO業者が死んだだけですが。。)

参考:Googleペナルティーになる被リンクの基本条件と判断基準

今現在、被リンクの重要性は存在しています。ですがそれは過去のように被リンクの数を集めるのではなく、専門的なサイトや同業者サイトからのリンクなどの関連性や被リンク元のドメインオーソリティ(重要度)、そしてそのコンテンツの質を求めるものになってきています。

参考記事

 

何故、外部対策が必要なのか?

対策だなんだという前に、本来のリンクの使い方は上記でペンギンアップデートの記事を紹介しているような、役に立つコンテンツを共有するといったもの。つまり被リンクを集めるということはそれだけ他のサイトから評価されているという指標になります。

今の時代でもFacebookやTwitterなどのSNSで共有・拡散されるなど、システム面での変化はあれど、面白い、または興味関心をそそる、役に立つコンテンツだから共有するといった、根本的なところに変わりはありません。

結局のところ、質の高いコンテンツを提供する=そのままリンクを集める外部施策に繋がります。それでは、SEO対策を行う上で内部対策だけではいけないのでしょうか。前項で挙げたように、Googleがコンテンツの質を求めているのであれば、尚更内部施策だけでもいいように思えます。

が、ここでもやはり立ちふさがるのが風俗・アダルトジャンルのかべ。SNSで共有されにくいのと同様に、18禁のジャンルはこっそりブラウザのブックマークはされども自然に被リンクをもらうことは稀です。その背景にはGoogle Adsenseなどの大手広告媒体では、アダルトジャンルのリンクがサイト内にあるとアカウント停止の可能性もあるなどのデメリットも要因として存在しますが、一番は共有したことを知られたくないという心情的な面でのマイナスです。

通常の一般媒体などであれば、被リンク対策はコンテンツの力のみで十分可能ですが、風俗・アダルトジャンルにおいてのリンク集めは能動的に行う必要があることを覚えておきましょう。

 

じゃあ具体的にどう被リンクを集めるの?風俗店の被リンクの集め方

被リンク増やす_見出し画像

1.無料掲載を増やす

風俗系の情報サイトであれば、無料掲載を扱っているサイトは多く存在します。管理・運用の面で面倒な手間も発生はしますが、こうしたサイトへの出稿は被リンク効果の他にも、無料掲載で店舗サイトへの訪問や実客に繋がる媒体であることが分かるなど、有料での出稿を検討する時の材料にもなりますね。

掲載する際に、URLのリンクを設置することが可能なものも多く、単純なリンク集めであればまずはこうした情報サイトへの掲載が手っ取り早くお勧めです。

ただ、注意点が一つ。無料掲載の場合にバナー設置をお願いされることがありますが、被リンク設置はそのサイトの強さを相手に渡す行為(正確にはページランクを受け渡す)です。その情報サイトが大手媒体であり、運営年数の長い媒体であればクローラーが回遊しやすくなり、順位向上なども見込めますが、新興サイトなどでリンク設置をお願いされた場合にはその相互リンクが逆にマイナスとなってしまう場合もありますのでご注意ください。

参考記事

 

2.写メ日記・店長ブログ

写メ日記や店長ブログなども被リンクを見込むことが可能です。管理運用の関係で大抵は一つのブログサービスを利用しての運用が一般的なため、そこまで大きな効果はありませんが少なくとも1サイトのリンク効果を得ることが出来、またこうした外部サイトは風俗店が行えるコンテンツマーケティングの一種でもありますので、積極的な活用を推奨します。

 

3.サテライトサイトによるリンク構築も一つの手

サテライトサイトの構築も、単純な被リンク集めには最適です。もちろんブラックな手法によるリンク集めは言語道断ですが、サテライトサイトでユーザーの役立つコンテンツを配信するならば話は別です。また、店舗サイトだけでは載せられない情報や、店舗サイトではできないことや違うターゲット層を狙うなどの展開も考えられます。

考え方の提案としてオウンドメディアのようなサイトを持つのがお勧めです。風俗業界でこうしたオウンドメディアの取り組みはまだまだ未発達であり、挑戦的な側面もありますが、風俗以外の多くの業種でもはや有って当たり前の手法となりつつあります。被リンクが主目的のサイトとはまた赴きが違いますが、他の競合よりも集客で抜きんでる為に、こうした他業種で成功している手法を積極的に取り入れるのも一つの手ですね。

参考記事

 

まとめ

今回は外部対策とはどのようなものか見てきました。内部対策については深く触れていませんが、コンテンツの質、被リンクの質の両方を求めることは、ランキングの施策において重要な課題です。内部施策だけ、あるいは外部対策だけではなく、ユーザーにとっていかに使いやすく優れているサイトであるかを、バランスよく改善していくことが検索順位を上げる絶対の方法です。

 

これからSEOを学ぶ人に知ってほしい基礎講座 全10回!

SNSの拡散が難しい風俗・アダルト業界において欠かせないSEOの知識。言葉としては当然ご存知かもしれませんが、具体的な施策、取るべき方針をあなたは理解していますか?

これからSEOを学ぶ、本腰を入れてSEOを理解したい。そんなあなたに今回の検索エンジンの基礎から風俗店が目指すべきマーケティング施策までを今回から全10回に分けてご紹介いたします!

基礎講座 概要

Pocket

風俗Webライター募集中!【業界人優遇】

「風俗求人サイトをみっけ!」では、現在当サイトをはじめとする、風俗・アダルトメディアへの執筆をおこなっていただけるライター様を募集しております。

当サイトで掲載中の風俗広告などの記事執筆やWebマーケティングのノウハウ、風俗ニュースをはじめ、今後はより「風俗業界で働いた経験を生かした」案件もご用意しております。

もしあなたが、

  • 風俗業界での経験を元にライティングのスキルを磨きたい
  • 風俗やアダルト業界をもっとオープンな世界にしたい
  • ただ書くだけでなく、「集客のできる記事」を学びたい

といったことを少しでも感じているのであれば、ぜひお力添えをよろしくお願いいたします。


風俗ライターの求人応募を見る

コメントを残す

*