Webマーケティング

目立たせるだけじゃダメ!クリック率の高いバナーの作り方とは?

バナー_クリック率_作り方

求人応募を集めるために欠かせないバナー画像。少しでも多くの応募に繋げるために、バナーに四苦八苦してはいませんでしょうか。

風俗求人を出す際に、少しでもクリック率を上げるために考えておきたいバナーについてのお話です。

 

とにかく目立たせたい!だけじゃダメ?

数多くのバナー作成の依頼の中で、よくある注文の内容が、

  • とにかく目立たせたい
  • 他と違う雰囲気を出したい

といったもの。

目立たせるといっても具体的な言葉などが出てくるわけではなく、単純に他より少しでも目立たせたい。あなたもそんな意識でバナー作成を依頼ないしは行ったりしてはいないでしょうか。

フォントの大きさを変えたり、全体の色をギラギラしたものにしたりといった施策は、確かにそのバナー単体では目立っているのかもしれません。ですが結局のところ考えることは皆同じなので、他と一緒になってしまうのが常です。

クリック率を少しでも改善するために考えたいバナーとはどういったものなのか考えていきましょう。

クリック率で意識すべきは女の子の利益

求人に応募する女の子は仕事やお店を選ぶ際、必ず自分の「利益」になるかどうかを判断します。それは月に100万稼ぎたい!時間的な自由が欲しい!など様々です。

バナーは、こうした女の子の利益に即したもの、何か引っかかる言葉が無ければなりません。そして求人応募の文面へ誘導し、そこで「利益」を約束させることが出来て初めて、応募へと繋げることが出来るのです。

広告バナーこうした利益に繋がるための入り口であり、利益を掻き立てる内容を盛り込むことを意識しましょう。

 

より具体的な内容で、想像を掻き立てる

先ほども述べたとおり、応募する女の子は常に利益を求めています。そしてそれは、詳しい具体例を織り交ぜることで、利益を得る場面をイメージしやすくすることが可能です。

例えば実際にあなたのお店で働いている女の子の仕事内容や生活スタイルなどが詳細に書かれてあればどうでしょうか。「1日4時間でOK!」よりも、「1日の例:60分コース1本と80分コース1本で拘束時間は4時間」といった内容の方が、より想像がしやすく印象にも残ります。

あなたの店舗で女の子にとってメリットになることは、より具体的にアピールしていきましょう。

また使う画像なども、自分と同じような子が働いているという印象を持たせる必要があります。その為、画像選びの際には、取りたいターゲットに即した女の子を使うことを意識しましょう。

関連記事

 

疑問を残して文面へつなげる

質問や問題を訴えかけることでも、文面へつなげる効果があります。

例えば他業種のバナーを参考にすると、

  • 「私の年収低すぎ?その理由とは?」
  • 「あなたの体脂肪、どうですか?」
  • 「ど素人でもプロ級の写真が撮れる秘密」

など、なぜそうなるのかといった疑問、自分に置き換えたときに気になる内容などを盛り込むことでクリック率を上げることもできます。

よりクリック率を上げるためには、こうした心理的な面で訴えかけるのも重要です。バナー作成の際に参考になる記事がありましたので、こちらの関連記事も是非参照してみて下さい。

参考記事

 

バナーはスペースが限られている為、あれもこれもと文言を入れていると、結局内容の薄いものになってしまいます。

風俗求人の文章を考える。抑えておきたい5つのポイントとは?」でもご説明したように、求人の文章だけでなくバナーでもしっかりとしたターゲット設定は重要です。

対象を限定する分クリック率が下がってしまうのでは?という懸念がありますが、そんなことはありません。ターゲットをしっかり設定し、即した内容であれば必ずクリック率は向上しますので、取りたい女の子の背景や利益の訴え方を、今一度考えてみて下さい。

Pocket

風俗Webライター募集中!【業界人優遇】

「風俗求人サイトをみっけ!」では、現在当サイトをはじめとする、風俗・アダルトメディアへの執筆をおこなっていただけるライター様を募集しております。

当サイトで掲載中の風俗広告などの記事執筆やWebマーケティングのノウハウ、風俗ニュースをはじめ、今後はより「風俗業界で働いた経験を生かした」案件もご用意しております。

もしあなたが、

  • 風俗業界での経験を元にライティングのスキルを磨きたい
  • 風俗やアダルト業界をもっとオープンな世界にしたい
  • ただ書くだけでなく、「集客のできる記事」を学びたい

といったことを少しでも感じているのであれば、ぜひお力添えをよろしくお願いいたします。


風俗ライターの求人応募を見る

コメントを残す

*